高橋かずひろ 栗原住みますニート

栗原に住んでます。非公認まちクリエイターです。ときどき遊びで宗教作ります。<img src="https://www.repohappy.com/users/verify_blog?token=5c03c33b-03a4-4569-bc76-607eac1e042d">

画像と動画27本で送る。セルフ祭り2018まとめ

f:id:wakaoyaji:20181206100659j:plain

セルフ祭り

 

 

f:id:wakaoyaji:20181205152655j:plain

毎年、大阪の新世界で行われるので参加することにした。

f:id:wakaoyaji:20181205153607j:plain

入り口から強烈なオーラが漂っている。

一歩中に入ると

f:id:wakaoyaji:20181205153737j:plain

 現代アート

 

 

f:id:wakaoyaji:20181205153803j:plain

呪われそうなテレビ

 

奇怪な展示物でいっぱい。

そして商店街にはびこる怪人たち

f:id:wakaoyaji:20181205154408j:plain

このキョンシー、ガチな仮装で身長は2メートルは完全に超えている。このでかさと威圧感で赤ちゃんを泣かせていた。近くにいた私はあやそうとしたが私も白塗りをしていてまた泣かせてしまった。

f:id:wakaoyaji:20181205154251j:plain

どうもすみません。

f:id:wakaoyaji:20181205154721j:plain

シバ神&ガネーシャ降臨

f:id:wakaoyaji:20181206100400j:plain

意外と高音の歌手

 

f:id:wakaoyaji:20181205154351j:plain

 

 

よし、、、

出店だ

 

f:id:wakaoyaji:20181205153853j:plain

お店を構えてしばらく

人ならべの儀式が始まる。

 

f:id:wakaoyaji:20181205153929j:plain

この儀式

ピンクの着物と青塗りの人物の間にいる人のふんどしを少しずつカットして儀式の参列者に配られる。ふんどしの布はピンクの人がちょっとずつ補充する。

 

並んで並んで、ハイポーズ

f:id:wakaoyaji:20181206100659j:plain

(二日目の日に撮影、一日目は普通に並んで二日目は写真撮影してから並んだ。)

 

写真を撮った後は謎の行進

 

f:id:wakaoyaji:20181205154640j:plain

この勢いで通天閣まで進んでいく。

 

その後でカメラ進入禁止の極秘の儀式が始まる。

かける範囲で書くと、ヘイヘイホーヘイヘイホーとみんなで叫び続けて、インドネシアのケチャみたいな儀式かな。

 

昼の儀式が終わると一芸ステージが開幕

f:id:wakaoyaji:20181205154015j:plain

このステージ。プロアマ問わず参加可能でプロの大道芸人もいっぱい出る。

写真のアンパイアのした髭のおじさんは「ストライク選手権」といってステージを見ているだけだった観客を舞台に上がらせる。野球の寸劇をやらされて

「すとらーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいく」

と叫ばされる。しかもこれを三振とるところまでやる徹底ぶり。そしてピッチャー役もいる。ピッチャーのユニフォームはもちろん阪神だ。

 

そしてこのお祭り、運営資金獲得手段もクレイジー

f:id:wakaoyaji:20181205154029j:plain

「お金をチョーだい、来年もセルフ祭りやりたいからお金をチョーだい。一円でもいいからお金をチョーだい」

と叫びまくる幽霊出現する。私もちょっと投げました。この他にも仮装の衣装貸しやセルフ御籤などいたるところに賽銭箱みたいなものがあってなんだかおかしい。

f:id:wakaoyaji:20181205154251j:plain

仮装もバッチリ決めました。

 

セルフ祭りで気づいた事まとめ

 

 占いは儲かんなくてもやってて楽しい。

f:id:wakaoyaji:20181205154511j:plain

 今回お店を出しました。といっても一回50円の占いでタロット占いとかメジャーなやつじゃなくてダイオードとの物々交換で手に入れた牛の骨の上でハンドスピナーを回すだけの怪しさ100%の占い。それでも人のプライベートな悩みが聞けるんで世の中を知るにはうってつけ。それとあと若い女の子とおしゃべりできるのもメリットかな。酔っぱらいのおっさんに絡まれる時もあるけど。今度から「教祖に説教する権利10分5000円」もメニューに加えておこう。

 

意外と知り合いがやってきた。

セルフ祭り、行くことにしたんで「まさか僕の知り合いは誰も来ないよなあ」と思いながら、SNSでマウンティングも兼ねて「行くぞ行くぞ」アピールしたら意外といっぱい来ました。今回の遠征で泊めていただいたあらゆる人類を0円で泊める家、京橋URAの管理人の方に、今年の夏に有終の美を飾った政策・情報 学生交流会の仲間たち、

みなさんありがとうございます。

 

 

Youtuberがわらわら寄ってくる


セルフ祭(2018年)

 


【超カオス】大阪・新世界の奇祭セルフ祭りに突撃参加してきた!

 

 

お金くれ!!は堂々と言ったほうがかっこいい

 セルフ祭り何がすごいかというと「寄付を募る。」お祭りの最も難しいポイントに独自の答えを出してるとこかな。お金をチョーだい幽霊もそうだし、セルフ料金の貸衣装に二日目のラストの相撲の儀式に懸賞もかけられる。

 イベントって下手に金もうけに走ると途端につまんなくなって人が来なくなりお金も入ってこなくなる。という失敗パターンが結構あるけど、セルフ祭りは金集めもお祭りに組み込んでいて偉大だ。

 

何をやるにもネーミングが命

 最後に「セルフ祭りここがすごいな。」って思ったポイントで何事も儀式にしてしまう作戦があげられる。人ならべの儀式なんてやってることは記念写真の撮影としょぼいパレードだ。でも「人ならべの儀式」と名乗ることで「なんだおもしろそうだ。」「ちょっとセルフ祭り行ってみよう」って気分になる。そういえば準備も片付けも準備祭り、片付け祭りってイベントにしていた。今気づいたけどイベンターにとって勉強になりそう。

 

ここまで読んで「なんか変わってるけど楽しそう」って普通の感情を持った読者諸君、甘い!!!本当の儀式はここからじゃあああ

インド相撲が最後の日の夜に始まる

 

f:id:wakaoyaji:20181205154826j:plain

行事出現

これを見てもびっくりしない方はもうすでに感覚がセルフ祭り化してます。

f:id:wakaoyaji:20181205154900j:plain

懸賞が現れた。

 

f:id:wakaoyaji:20181205154945j:plain

見合って見合って

f:id:wakaoyaji:20181205154954j:plain

f:id:wakaoyaji:20181207130421j:plain

 

f:id:wakaoyaji:20181207130523j:plain

竹踊りが始まる

 

 

f:id:wakaoyaji:20181205155023j:plain

宇宙人も出現

 

f:id:wakaoyaji:20181205155037j:plain

宇宙人の親玉も出現

 

f:id:wakaoyaji:20181207130651j:plain

瞑想が始まる

 

なんじゃこりゃあ!!これぞ芸能の本質だ