高橋かずひろの自己紹介の今後の展開  2019年版 

f:id:wakaoyaji:20181226154935j:plain

どうもみなさん

最近になってやることが増えてきたんでこの辺で整理します。

 

まずは本業から

保土ヶ谷のシェアハウスの管理人はじめました。

といっても家の名前も決まってないですが、、、

でも家の鍵は手元に持っているのでシェアハウスは間違いなくやります。

 

 コンセプトは「だれでも気軽に立ち寄れるイベント多めのオープンハウスみたいなシェアハウス」を目指しています。静かに作業したい人にはちょっと向いてないかもしれません。

 

アクセスはJR保土ヶ谷駅(横浜のとなり)と京急南太田から徒歩で約15分

家は住宅街の真ん中にあって二階建て、最大6人で住めたら幸せです。

家賃は3万円を予定しています。

 

 

 

人材版クラウドファンディングemoleのサポーター 

emole.jp

 「何かやりたいけど仲間が見つかんない。」という人のためのWEBサービスで私自身も1年前はこの問題で悩んでいました。コミュニティがああだこうだ騒がれた2018年でしたがemoleはオンラインサロンみたいな中央集権制ではなくてみんなで考えて動けるコミュニティにしていきたいです。

 

 布石として

 

 皆さんもご存じの通り私は最終的には政治家を目指しているわけですが

kazushock.hatenadiary.jp

 

当面の目標は

「政治活動を自分のスキルに転換できる。」状態にする。

複雑な言い回しになってしまったが、政治家を目指す活動(選挙のボランティアなど)をブログで発信してある程度影響力のある存在になりたい。

 

そのための行動として

下地をつける

発信力をつける

教養をつける

 

 

下地をつける。

まず初めにやるのが下地、つまり現場の近くに行くこと。

具体的には選挙のボランティアに参加する。

2019年は参議院議員統一地方選があるので

polipoliという政治アプリを使って議論してみる。

 ニュースを見たら深く考える癖をつける

 

表現力をつける

 言いたいことを一分でまとめられるようにする。

 主に使っているSNSやこのブログに文章を書く時も短くわかりやすく記憶に残る文章を意識する。

 Youtube「政治家志望チャンネル」を作る。

 

 

教養をつける

 古典を読む。(現在、風姿花伝読んでます。誰か読書会しよう。)