就活する宣教師

ニート株式会社の取締役高橋かずひろです。

ニート三国志 

f:id:wakaoyaji:20180610215340p:plain

 ニートの業界地図「ニート的生き方マトリクス」

 私はこの中で「お金との密着度高」、「都会」エリアの「リバ邸」「ギークハウス」「NEET株式会社」の三つの動きを見ていきたい。

 

 山奥で暮らすにはある程度の人間力というか人と会わなくてもやっていける修行僧のような忍耐力がいる。田舎で暮らすと考え方を先鋭化独特化しやすいが、考え方を広めるのは難しい。

 お金もある程度ないとやれることが限られてしまう。貧乏で名前を売る作戦もあるがこれができる人は情報発信のプロ。もし名前が売れないとタダの貧乏人になってしまう。

 

そうなるとお金との密着度が高くて都会に住んでいる生き方が大多数派でニートの生き方を決めている感がある

 ギークハウス リバ邸 NEET株式会社の三強(なのかな?)を見ていこう。

 まず、ギークハウス、ここはphaという仙人みたいなくらしをしているニートが作った。かくいう私も「ニートの歩き方」を読んで「よし、ニートやるぞ!」とモチベーションを高めたものだった。(おいおい)

 

なんでこんな気持ちになったかというと起業塾時代に教えられたことと

kazushock.hatenadiary.jp

 

ニートの歩き方」とガチンコ起業塾ウィルフはやってることが同じ。

 普段の日銭はせどりで稼いで、いざとなったら生活保護

 まあ、ニートの生き方をゆるゆると発信していった顔の分かる最初の人物というわけです。ギークハウスは全国各地に展開していて文春で連載もやっていてそれなりにニートとして大成功してます。成功するにしたがってお金との密着度が高くなって田舎にも進出したんでちょっと田舎にずれました。

 でもニート世界に与えるムーブメントとしてはいまいちになっていて、理由として考えられるのは

1pha哲学がクソ難しくてみんなついていけない

2エンジニア以外の人にギークハウスの考え方が広まらない(よそ者が来ないと硬直化が始まる)

1についてはphaさんの思想はゆるい言葉でニートの存在を肯定してその存在を温かく見守っている。ニートを通して社会全体、地球全体を捉えていてスケールがでかい。でも理解、実践は難しい。

 特に「だるいことはできる限り何にもしない。」と悟るのは一般人には至難の業。phaさんはギークハウスの住民からは教祖と呼ばれているわけだけどギークハウスの運営自体にはあんまり関わっていない。ギークハウスもphaさんが作ったときとは様変わりして、ただのエンジニア向けシェアハウスみたいになっていた。

完全教祖マニュアルではないが教えの簡略化がめちゃくちゃ大事

 

一番いろいろと関わっているNEET株式会社

ここは株を一個買えば取締役で仕事はしてもしなくてもOK 、会社というよりも一種の親睦団体になっている。

完全教祖マニュアルでも

「あなたがもしニートやフリーターを救いたいのであれば彼らの存在を認めて温かく見守る神を作るべきです」

なんて言っているがNEET株式会社では温かく見守る神様を若新雄純がやっている。それでNEETは幸せになったか?

私の考える答えはNOである

 ダメ人間救済といっても「なんにもしなくていいですよー」というのが実は一番ダメ人間にとって辛い。何にも決めてくれない分、全部自分たちで決めなくてはいけない。少なくとも2期募集組はあんまり幸せな感じがない。幸せなフリをしているだけ、若新代表もMTGの時に必ず「幸せなNEETを偽造するのがNEET株式会社の使命だ。」と言っていたけど「幸せになれ」「幸せになれ」と延々と言われ続けて幸せになれるほど人間は単純な生き物ではない。その証拠に「仲が良いふりをしないといけない」という不文律ができている。実際に仲が良いかというと会社のHP一つ、社内wiki一つ、代表取締役一人決められない。

 

kazushock.hatenadiary.jp

民主主義は同胞愛と共通言語があるから成立するのだ。NEET達に同胞愛はない。ただ、NEET株式会社から離れると他に居場所がなくなるからくっついているだけ。共通言語も日本語はお互い話せるが人生観が違い過ぎる。動く元気もないし一発何かやらかそうという気概もない。会社の金がなくなるとかそういう現実は見ないフリ、今必要なのは学級会レベルの民主制ではなく、会社を動かせる人達だけで勝手に動かせる貴族制だ。

 6月の会議はボイコットしたが議論は議論らしくなっていたようで安心した。本当に会社の金がピンチになったらまた何考えるだろう。

 

 リバ邸。私にとってはなじみが薄い。記憶の中で一番古いリバ邸の記憶は友人に誘われてリバ邸六本木にいってひたすら塩と虫を食べたことだ。その次は人生に困った起業塾の生徒と一緒にハイパーリバ邸に行った時がある。その時は人生に悩んだ人がリバ邸の人に説教されていて、なんか悲しいと思ったし、こんな悲しい人しか友人のいない私も一緒にがっかりしたものだ。

あれから幾年月

 

NEET株式会社の人の主催する貧コンのスタッフをした。

kazushock.hatenadiary.jp

 

「人生で初めて合コンをやってしかも知り合いの女性を誘うことに成功!!!バンザーイ」でフタ開けたらどんな人が来るんだろう?

 

 リバ邸住民が現れた。なんと茨城にリバ邸を構えて居酒屋をやっているらしい。「リバ邸すごいな」と思って人生相談に行く。まずまず役に立った。そう思っていた矢先にクラウドファンディングが始まってリバ邸が会社になった。事業内容がめっちゃ気になる。

 

 この三つを見て「何が生き残りを分けたのだろう?」と考える。人類誕生みたいだ。やはり、考え方を広めるのが重要なポイントではなかろうか?考えが広まらないとコミュニティ全体が大きくならない。コミュニティを広く大きく持っておけばやめる人が出ても少々の事ではつぶれない。

 ただ、この「考えを広める作業」が難しい。やみくもに布教してもだめだし、狙ってもある程度の量がないと成功しづらい。時と場合によって考えを都合よく変えたり、新しいものを付け加えるのも必要だ。(やりすぎると全く別のものになるけど)

 教祖のpha、若新雄純、家入一真の三人のカリスマ性は非常に高いレベルで拮抗していて教祖の個人レベルでの布教活動の熱心さは同じぐらい。となるとリバ邸が頭一つ進んでいたのは弟子の育成、活用の点だ。そうだ。確かにリバ邸で何かやっている情報を見ていると家入さん以外の人々が変わったプロジェクトを動かしていて良い意味でチームプレーになっている。これなら一人が燃え尽きても一度にバタンと倒れないし倒れた人が起き上がるのも早い。そうだ弟子を育てよう。と思ったが僕には年下の友人があんまりいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アソカル教にバカボンが降臨した

f:id:wakaoyaji:20180610215428j:plain

バカ田大学入学試験問題「馬科」より引用

 

 天才バカボンがアソカルの聖典になった。

事の起こりはslackで宗教談義していた時の事。、、、

 

上の写真を見せて

「こんな教祖ほしいな~」

とつぶやいたら

 

天才バカボンなら社会の価値観に一撃を与える要素なんか持ってそう?」

「いっそ読書会してみるか?」

とみんな口々に書いてきたんで読書会することに、、、

 

www.facebook.com

 

この日に備えて急遽、

f:id:wakaoyaji:20180610223122j:plain

漫画も買う。

 

実際に教祖の家で信者一同バカボンを読みながら教義を考えました。

 

実際に起きたこと

 

「難解だ!」と悩む

 これはバカボンの漫画を初めて見た人間が全員受ける一種の洗礼です。

 

私もアニメ版は

一番昔にアニメになった「天才バカボン

定職につかないパパの存在そのものが反社会的でテレビ局がパパを無理やり植木屋にしてしまった。番組の最後は「見ない奴は死刑なのだ」

 

次にアニメになった「元祖天才バカボン

わざわざ元祖とつけたのはこっちの方が原作に近いぜ!という自負とともに始まったから。これがアニメでは一番面白い。商業的にも成功して103話まで続いた。番組の最後は「見ないと逮捕なのだ」に緩和された。

 

その次が「平成天才バカボン

とにかく過激なシーンを増やしまくった感じであんまり見るに堪えない。

 

レレレの天才バカボン」もあるらしいですが残念ながら僕は見てません。

 

 この僕が見ても漫画を始めてみた時はすごいショックを受けました。率直な感想は「面白いけど疲れる」といった感じでとにかくギャグの密度が濃い。

 

 普通のギャグマンガ

ありえないギャグ、あるあるネタ、つなぎ

この三つをうまく使い分けて笑いを取っている。ギャグマンガに限らずこの世のお笑いはだいたいそうだ。

 

天才バカボンの特殊性はありえないギャグを一コマ一コマに投入していることにある。当然ストーリーはめちゃくちゃになる。読む側は面白いけど疲れる。

 

というわけでアソカルの信者は「うわ!難しい!!」と口々に叫んでいた。

 

バカボンのパパバカボンだと思っている信者がいた

一通り読んでみんなで天才バカボンから読み取れた教義を語っていくんだけど、その中で

バカボンバカボンの子供と遊んでて、、、」

「おいちょっと待て、子供の方がバカボンだよ」

「あ、そうだったんだ」

こういう騒動が必ず一回は起きる。

 

 

深い意味を読み取るのはめちゃムズイ

ので実際に天才バカボンで起こったギャグを全知全能の神バカボンのパパの命令として教義にしていくことにそしてできた教義がこちら。

サイズの合わない服を着ろ
辞書の「不可能」を破り捨てろ
親より偉くなってはならない
子どもの寝言から学べ
質問には質問で返せ
お願いをするときは首筋に息を吹け
台風の日には凧揚げをする
犬の字で寝ろ
災害時にはお見舞いにいく
桜を散らす
寿司で麻雀しろ
借りたもので苦しんではいけない
人形と柔道で真面目にたたかう
金持ちにはスイカを売るとよい
望遠鏡で地上を見ろ
棒ナスでものを買う
海に砂糖を持っていく
人がいないときに海にいく
お風呂は朝入ってはいけない
カニは神の使い
神様ならよその家にゲタで上がってもよい
指名手配犯のチラシにはムカつくやつの顔を貼る
お詫びの代わりにアワビを渡す

 

まあこんなとこです。

www.youtube.com

 

この辺もうまく巻き込んでいきたい。

 

 

 

アソカル教義解釈②実践編 関東正教会 ぼっちを救うためにトイレにカウンターを作れ 修行2.0

 

f:id:wakaoyaji:20171108150511j:plain

 

今日、天啓を受けました。

迷える人たちを救いに行きます

現代において道に迷える人々の坩堝と化している場所は

そう

就活の場であります。

 

人が死んでもいないのに葬式みたいな恰好で説明会に行き

エントリーシートという名の苦行を強いられて

売り手市場と言いながらやってきた就活生を落とす卑劣さ

面接では喋りたくない事をきかれ、やっとの思いで内定を

とっても今度は就活終われと嫌がらせを受ける

これを地獄と言わないで何と言いましょう

 

伝統宗教では死後の世界に天国と地獄を作りましたが

わがアソカル教はあえて現世に存在する地獄に救済の手を差し伸べるのです。

 

それこそアソカルの最後の教義

ぼっちを救うためにトイレにカウンターを作れ

を地で行う行為です。

21世紀において一人ぼっちになってしまった学生は人間にとって絶対に必要な食事でさえも便所で済ませなければならないのです。

トイレにカウンターを置けばどうでしょう

便所飯の苦しみを分かち合うことで今まで便所で隠れて食べていた人々が普通に食事できるではありませんか?

 

この世の地獄は少しづつ変えていくことが出来るのです。

あの世の天国と地獄はとりあえず死んだ後で考えましょう

 

 

就活地獄で苦しむ学生をわがアソカル教の神は見捨てません

Twitterで#アソカルで検索していいねを押して功徳を積みましょう

信念をもって突き進むオーラを授けます

自信に満ち溢れてきっと就活もうまくいきます。

ただ自信に満ち溢れるので面接官から「生意気なやつ」と受け取られて落ちてしまうかもしれません。

でも大丈夫です。アソカル教の信者を落とす面接官とその会社には優秀で正直な人間が去っていき、互いの足を引っ張り合うかわいそうな人間が周りに集まる呪いがかかるのです。

たとえ就活に失敗しても就職しない第二の人生も授けます。これも神の思し召しです。

 

というわけで神の意志を伝えに就活に行きます。

企業の方もアソカルの信者を獲得することで信者のオーラが周りの人にも移っていき集団全体が強くなります

 

では読者の皆さん、またどこかで会いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

アソカル教義解釈 関東正教会 ①万物界は吉野家の定期券にあり

 

 

f:id:wakaoyaji:20180527144843p:plain

新宗教アソカルが進化している

 

関西に布教の足掛かりができた。

note.mu

 

そして幸福の科学創価学会の元信者の方が入ってくれた。

これで新興宗教の布教のコツが学べる。

 

 そして肝心要の教義がどんどんと先鋭化している。

アソカルの教義は

万物界は吉野家の定期券にある

改札の前で座禅せよ

時計を捨てよ

ぼっちを救うためにトイレにカウンターを作れ

 

今回は

万物界は吉野家の定期券にある

を解説してみようと思う。

 

牛丼とは世界であり世界は牛丼に通じる。

はじめにどんぶりという大いなる空を作る実質があった

神はそこにご飯という名の万物のもとを入れた

ご飯の一粒一粒はゴハン族となったがまとまることを知らなかった。この時代はどんぶりの外からやってきたオカズ族の奴隷と化していた。

これを見た神は飯からできた人間が団結するように天から精霊タマネギスと共にニク族を遣わした。

ニク族の英雄ギュートンの力によりオカズ族を撃退することに成功したが今度はニク族とゴハン族が争い始めた。

これを見た神は天から茶色い雨を降らせ肉とご飯を一体化させて争いに終止符を打った。

余談だが梅雨のことを「つゆ」というのはこれを言うなり

 

 

こうしてどんぶりの中の人類は繁栄していき、周辺のネギタマ族、キムチ族、トウフ族も従えて

天界を目指しどんぶりの中に高い高いイン・スタバエンの塔を立てていった。

 

これを見た神はあまりの醜さに驚き人類を戒めるために

天よりパチッという音とともに二本の木槌を塔に突き刺したちまちのうちにゴハン族以外を追放してしまった。

 

今度は残ったゴハン族が茶色い雨の洗礼を受けたタレメシ族と世界の最下層に沈んでいて茶色い雨の洗礼も受けなかったシラメシ族に分かれ階級闘争を始めた。

 

当初は味という単独で生きていけるホーリーパワーを持っていたタレメシ族が勝つかと思ったが、かえって団結に欠けてしまいシラメシ族が勝って生き残り、負けたタレメシ族は暗黒界にすすられていった。

 

生き残ったシラメシ族の族長コビリツキジデスはどんぶりのふちの世界のさいはてで神と定期券の契約をした。

 

1 世界は牛丼であり牛丼は世界である

2 盛り付けのバランスを崩して世界を崩壊させてはいけない

3 悪魔である空腹を押さえつけて世界を平和にしなければならない

4 世界を作る天使(吉野家の店員)は大事に扱え

5 周辺部族をどんぶりの世界にのせてもよい。

6 週に一度は聖地吉野家に行け

 

この日から定期券は万物の象徴となりこれを保持することで天国へ行ける事となった。

 

 

 

 

しょぼい芸能事務所はじめました。 

 どうも、最近カルト宗教に入信した高橋かずひろです。

 

 

 

カルトに入ったせいかちょっと悟りました。

 

NEET株式会社は4年前は輝いてたけど今はもうボロボロ感が強い。

 

ニートの肩書と社長の肩書は持っているだけで結構レアだった。

 

かけ離れた二つの肩書を合体させてめちゃくちゃなインパクトを発揮した。

 

取材が嵐のようにきた。海外からも来た。

 

しかし所詮はニート、炎上事件がちょっと起きたらたちまちパワーを失った。

 

失望して旅立つ仲間たち。

 

うまく続いているのはレンタルニートだけ

 

解散案を乗り越えて二次募集が始まった。炎上マンも取締役になった。

 

ウェルカム合宿ではみんな元気いっぱいだった。

 

kazushock.hatenadiary.jp

 

あれから3か月、ついに若新さんも一か月に一度会議に付き合ってくれることになってようやく会社単位でも動けるように

ならなかった。

 

集団では何にも動けない。決められない。一昔前のこの国の政治のように

 

決める以前に決める仕組みが作れない。

リーダー1人決められない。

 

kazushock.hatenadiary.jp

 

もうたくさんだ。

でもここで会社をやめるとホントにただの人になってしまう。

 

結局、みんな意地で取締役を続ける。

 

お互い譲らないから領土問題みたいに解決できない。

 

 

 

こんなところであがいていないで新天地を作ろう!

 

NEET株式会社の社長の肩書をみんなにばらまいて適当にやってもらうシステムはいいと思う。

 

  問題は

1、ニートの肩書と社長の肩書の価値が減ってしまった。

2、炎上が怖い人の集まりになってしまう。

 

 1については当事者である僕が「ニートです」と言って回っても普通の反応をされたことが多かった。多分NEET株式会社が設立されてからニートな暮らしをする人がどんどん増えていったのだろう。芸能界におけるオカマのようなものでオカマ枠で出られたのは昔の話で今ではオカマにプラスアルファが求められているがNEET株式会社のニートたちはニートにあぐらをかいていてなんとも情けない。

 

 2についてはニートが結構安定している立場にあることが原因かなあと思う。意外かもしれないが空気も読む。NEET株式会社の居心地がいいニートにとってはNEET株式会社の活動で炎上してほしくない。たとえ自分の方に正義があっても。NEET株式会社が人生最後の居場所だと考えているからみんなで守りに入っている。

 

 炎上を恐れないで常に進化しようとするNEET株式会社を作るにはどうすればよいか?

 しょぼい芸能事務所(芸能事務所版NEET株式会社)

 

 芸人の肩書も手に入れるのに養成所に通うと百万単位で吹っ飛んでいく。そんなに本気じゃないけどとりあえずやってみたい人はもっともっといるんじゃないだろうか?

 

 基本的に目立つことが好きな人しかいないので炎上はちっとも怖くない。

 

さあ、娯楽の新時代を一緒に作ろう。

 

興味ある方はこちらまでメールお願いします。

aimaimoko12224@gmail.com

カルト宗教に入信して教義を作ってきた。

 突然ですが、カルト宗教はじめました。

 

 事の起こりは我らが教祖堀元見さんが完全教祖マニュアルに感銘を受けて宗教を作ることに、、、

 

 そして炎上マンも炎上しそうな企画を求めて5/10の第一回ミーティングに参加

(多分何代か後には記念日になるに違いない。そう信じよう)

 

 救いを求めてくる人がいっぱいいてびっくり

 自己紹介タイムに突入

 

 印象に残った人が

 自称ホームレス浪人生

 著名なお坊さんと一文字違いの名前でルックスが茶髪パーマの人

 高級ジムのトレーナー

 しょぼいインタビュワー(今度インタビューしてほしい)

 

私の番の自己紹介では

「昨日はNEET株式会社の会議で何にも決まらなくて紛糾して終わりました~」

 と話したら結構ウケた。なぜか鉄板ネタになっている。

もはや、NEET株式会社の三千円の株の価値は9割ぐらいが外で自己紹介ネタに使えることで、残りの一割でNEET株式会社の内部の人と付き合ってる感がある。でも残りの一割で騒動を起こさないと9割の価値も薄くなるから難しいところ。

 

自己紹介が終わり教義づくりがスタート

 

 まず、最初の難問、神をどうするか?

 

分からない。神さま助けて!と言っていないで作りましょう。

 

二人でペアになって一人が教祖でもう一人がインテリに

教祖の言った無茶な言葉にインテリが正当性を付け加えていく。

 

世界は砂漠である

神は吉野家にいて定期券で救いがもたらされる

世界はとんがりコーン

右ひじに神が宿る

神は午前中に宿る

揃いも揃ってめちゃめちゃな教義が出来上がる

たくさん増えたので多数決

 

一番の票を獲得した教義は

神は吉野家にいて定期券で救いがもたらされる

 

次に教祖とインテリを交代して反社会的(あくまで現在の社会の価値基準で不幸になる人を救うのが目的です)な教義を作ることに。

 

ここでも

老人に席を譲るな

通勤ラッシュの時に座禅を組め

エアコンの設定温度は19度

買ったエロビデオはすべてネットにアップせよ

時計を捨てろ

40代には玉子を渡せ

 

ここで勝ったのは

通勤ラッシュの時に座禅を組め

時計を捨てろ

が同じ票を獲得して教義が誕生した。

 

そして細かいしきたりも作られていく。

便所飯してる人が困らないようにトイレにカウンターを作れ

が一番人気になり教祖の家のトイレが危うくDIYの洗礼を受けそうになる。

 

その後は、結婚式とお葬式のしきたりを決めて集会の決まりを作って解散。

初めてなのにまあ決まる決まる。

さあ、この宗教で結婚式を挙げる人は現れるのか?

 

教祖のTwitterhttp://twitter.com/kenhori2 

 

信者になるにはこのボタンから

https://camp-fire.jp/projects/view/75343

 

 

潜入!!貧コン!婚活ビジネス破壊計画

NEET株式会社に足りないものは何か?

 

お金?   ニートを続けるだけ経済力あるし

自由?   は腐るほどあるし

団結心?  は悪い意味でみんなでまとまってる

 

本当に足りないのは出会いなのではなかろうか

 

 NEET株式会社はもうちょっと外面を意識しないとさすがにヤバイ

 中身を充実させたほうが外見にも出る、という人もいるけど二―株の場合には内にこもると本当に力が減っていく。

 

 そんなわけで脱貧困ブログの著者でNEET株式会社の取締役のケンタロウさんがやっている貧乏な人でも参加できる合コンの貧コンにスタッフ参加することに、、、

kentaroupeace.hatenablog.com

気になるお値段だが男女ともに参加費500円+カンパ代でOKのお手軽さ。

 

 舞台は武蔵新城のオシャレなイベントスペース、スタッフなんで一回下見に行ったあとでどうするかを考える。この時点で男女比が早速ピンチなことを知らされた。

 

 スタッフでいる以上女の子を呼びたいな

 

ってことで昔やっていたアウトロー採用(過激な表現だが悪人ではない。ちょっと留年や中退で道を踏み外した人向けの就活)のライングループに流したら、女の子が一人来てくれた。しかも一番乗りで、、

 

 

 合コンで何やるかっていうと、ワールドカフェと言ってテーブルにお題の書かれた紙がおいてあってテーブルに座った人でお題を喋る。お題は「貧乏自慢」とか「趣味はインドア派かアウトドア派か」とか「結婚はいつまでにしたいか」といった誰でも参加できるネタが多い。

 

 あ、そうそうゲストに「草食男女に彼氏彼女の作り方を教えている」杏奈薫さんも来た。ワールドカフェのあとで恋愛セミナーしてて、喋った内容を要約すると

「自分を偽って恋愛するとミスマッチな人とくっついてしまうんで、素直に自分を出していけば相性の良い人と巡り合えます」

と言った感じ。一般論としては役に立つけど個人的には素の炎上マンを出したら彼女候補どころか同性の友人も消えてしまうんで僕にとっては禁術だと思った。

 

 出会った人は男女問わず面白い人が多くて

大人の発達障害の方のためのカフェをしてるひとがいて
 
シェアハウスで居酒屋をしてる人がいたり
 
占い師がいて
 
 
潜入レポーターのツマミ具衣さん
 
 
非正規シングル女性の支援活動家の方もいました。

 

 

貧コン!一年に一回開催にもかかわらずこんなに人集めるって結構頑張ってんなって思った。あと普通の合コンに見られるギラギラ感は皆無なんで友達が欲しい人も気軽に行けます。

 

ただ、炎上マン的にはもっと開きたい。出会いの場を増やしたい。チャンスを開きたい。