炎上マン

ニート株式会社の取締役高橋かずひろです。

NEET株式会社 終わらない内輪揉め

 

 どうも高橋かずひろです。

 

前の記事でさんざん書き叩いた。NEET株式会社の選挙の会議がありました。

 

テレビの取材が来た2月

  この時の会議は若新会長が取締役と直接会って今後の方針を決めていく会議で出てきた議題が代表取締役選挙について

この代取選挙

NEET株式会社の取締役の中から立候補者を代表取締役(実際に登記簿にも名前が載る)にするための選挙で

代表取締役になるメリットは

「目立てる」

「騒げる」

「なんかすごそうに見える」

普通の会社みたいに権力が増えたりとかはほとんどありません。

取締役会も開けますが、法的拘束力はありません。

つまり宴会部長です。

帝王学よりもドジョウ掬いを覚えましょう。

 

ちなみにこの役職、競争倍率は目測0.6倍ぐらい

このブログを書いている炎上マンは絶対に立候補

レンタルニートの仲さまも多分立候補

ameblo.jp

あと若新会長が二―株女性陣の誰かに無理して頼んであと一人立候補

 

この三人以外の実名出せる人は今のところいないんで絶対うかるでしょう。

あくまで炎上マンの個人的な推測です。

 

で、この会議で代取選挙の話になったときに「(そんな役職)犬も食わねえよ」と喋った顔出しNGの人の発言がNHKで全国放送で流れてしまう羽目に、でもこの放送を見た人がニート株式会社のお花見に来てくれたりレンタルニートを使ってくれたりとちょっと悩むところ

 

ウェブメディアの取材が来た3月

 

 NEET株式会社公式HPのリニューアルと社内SNSで延々とニュースを流す人問題。代表取締役の選挙の話も出たがみんなあんまり関心がないらしくするっと終わった。

 まず始まったのは公式HPのリニューアル

現行のHPがこちら

NEET株式会社 - 取締役全員ニート!ニート株式会社NEET株式会社

ダサい、、公開すんのが恥ずかしい

 他の取締役も同じことを考えていてそれでリニューアルする話になったけど

はっきり言って今の二―株のHPはぺライチで充分だと思う。

 だって行動量が足りてなくて過去の栄光に縋り付いているだけだから。

でホームページ会議の後は社内SNSに長々とニュースのコピーを流す人の扱いをめぐって延々と議論する。つまんない話題に紛糾していたんで途中で帰った。

  

 

 代取選挙の告知が始まるはずの四月

代取選挙がいよいよスタート

 ;;;

しなかった。

ニート株式会社の若新さんが代取選挙の説明をはじめた時に突然、遠隔地から

「なんで若新さんと集まれる人だけでなあなあで決めるの?そもそも代取選挙自体やる必要あるの?反対です。」

と横やりがはいる。

 これを受けて若新さんも一応会議の後でしばらく議論することにしてこの日の子の議題は終了

 しかし、約束通りに始まった議論もみんなほとんど参加しないし、期日が終わっても何にも始まらないし、そもそも日付入りの報告がない。

 若新さんと周りに集まれる人だけの会議でNEET株式会社の事を決めるのが嫌なのは分かるけど、

いやなら代取になるなり何かして、リスクを取って発言してほしい

選挙をやるとNEET株式会社の取締役同士に格差が出るからいや

選挙をしないと若新さんの独裁だからいや

では何も決められない。

 若新さんの独裁は二―株の秩序を維持するにはある程度仕方がないし実際に直接民主制をやってうまくいかなくなったことがあるわけだけど、独裁するなら独裁するで責任もってしっかりと独裁していただきたい。

 

三期募集は始まるのか?

 

 

 

 

内憂外患のNEET株式会社 代表取締役になって正義と秩序を作ります。

NHKの2人の#を見た。

www4.nhk.or.jp

炎上マンは激怒した。

まず一つ

混迷を極め衆愚政治に堕ちたNEET株式の会議

事の起こりはNEET株式会社の会議

この日はNHKの「二人の#」が取材に来ていた。

会議では取締役の三次募集のために代表取締役を新しく選び直す事になった。

このNEET株式会社の役職の「代表取締役

権限なんてものはほとんどない単なるお飾りで

まあNEET株式会社でイベントするときの宴会部長的な役職

その時に「こんなもの犬も食わない。」とヤジが飛ぶ。

僕はその時にすかさず「僕は立候補しますよ」と言った。

「犬も食わない」発言はすべての代表取締役に対する侮辱でありNEET株式会社全体に対する侮辱でもある

本来なら「だったら取締役やめろ」と袋叩きにあってもおかしくないのだ。

この光景はNEET株式会社の日常茶飯事で直していかないといけない。

NEET株式会社は一つにまとまることは諦めているが無制限な言論の自由を認めてい

るわけではない。

 NEET株式会社全体を愚弄する発言に対しては取締役一同厳しい態度を取らなければならない。

 

そしてNEET株式会社のニート的なところだけを映し、モザイクをかけることを希望した人間の下劣なヤジだけ映したNHK

 取材の仕方もひどくて頭にきた。NEET株式会社の会議の映し方にしてもモザイクをかけた人間の下品なヤジだけ映し、ステレオタイプなニートのイメージを視聴者に植え付けようとする典型的な偏向報道である。

 

 私が取締役になったらNHKの取材はこの番組の変更報道に対する反省がない限り、取材NGにする。

暦2.0

突然ですが暦革命やります。

 

人間の年を20歳超えたらあとはうやむやにします。

 

人間は農業をはじめ暦を作るようになってから

自然を計る作業を始めて、「年」という考え方を手に入れた。

その日からすべての人間は年齢という役割を与えられた。

若者は若者らしく、老人は老人らしく

科学が未発達で若者が多くて老人の少ない社会ならそれでもうまくいっていたと思う。

王や貴族や奴隷といった役割は時代とともに少しづつ変化していったが

人間を区別する基準としての年齢は昔よりも厳しくなっていった。

時計が金持ちのぜいたく品から庶民のものになって

腕時計ができて、インターネットができて今ではあったこともない人間の年を一瞬で調べられるようになった。

豊かになったはずのこの社会の閉塞感は「老人が多すぎるからだ」とよく言われる。正確に言うと老人の比率が多すぎる。

これはごもっともである。なぜかというと近代国家のシステムは「年」を基準に作ってある。

おぎゃあと生まれた時に役所に届けられて、

6つになったら義務教育、高校も大学もあるけど入学することで人生のメリットになる年は社会の暗黙のルールで決まっている。

18で選挙権がもらえて20を超えたらどこかで働き始めて年金を払う。

働いたら働いたで仕事の役割を決定するのに年は大きな影響力を持つ。

よく、「男社会はけしからん」って叫ぶ人がいるけど「年齢社会」の方がでかいんじゃないか。

レールから外れた人間は問答無用でかわいそうな人扱いされる。

年寄になれば年金が支給される。

必要な量をはるかに超えた医療、介護という名の苦しみを受けて墓場に行く。

少なくとも平成の日本人は年と過去の奴隷じゃないか!

それに将来、日本みたいになるといわれている途上国もそれこそ多い。

 

 

これを解決するには若者を若者たらしめ、老人を老人たらしめるものをぼかさなくてはならない。それは年齢である。時である。

 

人間を年齢で縛っていいのは20までで充分じゃないだろうか。

 

時という概念で人間を縛るからこそ、若者は若者を演じることになり、老人は老人を演じていく。どんどんステレオタイプ化していき流動性を失う。時という概念が消えれば若者が老人の役割を演じることが出来て、老人だって若者の仕事ができる。現実を見れば精神を病んでボロボロになった若者もいれば、「最近の若いもんはなっとらん」と元気いっぱいの年寄りもいる。年齢の壁を撤廃すれば救われる人間はそれこそ世代を超えているはずだ。

 

 そこで私は20年を超えるとうやむやになる改暦運動を始めることにした。

一般の人は勝手に設定した暦を使って、現在使われているグレゴリオ暦は農家さんとか天文台とか太陽が決めた一年を正確に測る必要がある人が使えばいい。

 

人類が暦で縛られる時代はもう終わりにしよう

 

 

NEET選挙 2018 春の陣 炎上マンの公約

どうも炎上マンです。

 

花粉が飛び散る中、NEET株式会社にさらなる波乱が起こります。

 

商売もまともにやらないのに何炎上するんだということですが、

 

選挙があるんです。

 

代表取締役を決める戦いが始まります。

代表取締役の上限は五名ぐらいで若新雄純会長は含まれません。

ちなみにNEET株式会社の代表取締役は株を買っただけの取締役に毛が生えただけです。「盛り上げ役」といったポジションでしょうか?それでも顔と名前は出るみたいなんで張り切っていきましょう。

 

こんなの名前だけじゃないか!そうだ、それでいい立派な肩書が権威につながるんだ。実績は後で別に作って今はとりあえず肩書だ!

 

炎上マンはもちろん出馬するんですが

 

このニート選挙がどうなるかの僕なりの予測を書いていきたい。

まず立候補者

仲陽介さん

NEET株式会社で若新さんの二番目に取材を受けた人にしてレンタルニートの創設者

【プロフィール】 仲 陽介|NEET株式会社のレンタルニート

 

それとあと

見栄えを良くするために女性が一人立候補

 

っと後に続く人がいない。

圧倒的候補者不足

都会の真ん中でド田舎並の競争倍率

5人もキャパがあればゆうゆう

しかも去年みたいなマイナス票なんて鬼畜な制度もないんで

落ちる可能性はゼロではないですがまあうかるでしょう。

 

というわけで

炎上男の公約です。

1、秘密基地計画

 NEET株式会社にとって必要不可欠なみんなで集まる場所を作ります。

以前は梅島のシェアハウスでしたがもっといろんな人を受け入れていくために

お店を作ります!

コンセプトは現在の駆け込み食堂

サービスとかはバカ丁寧でなくてもいいから、気軽に寄れて話し相手と食べ物のあるお店を目指します。

ニートの人が来られなくなる問題に対しては未来食堂のただ飯券制度を導入します。

炎上男も奇人の集まる場所に良く進出してます。

池袋のエデン

高円寺の何とかバー

大阪のイマジネーションピカスペース

最近になって入った瞬間「うっ」となるお店に良くいくようになってきて思うのは現代人にはカオスな場所がいる。整然としてると意外と住みにくい。

 

ニート株式会社の秘密基地を絶賛募集中です。

 

地方でも大丈夫ですが人を泊める場所もください。

 

お店が出来たら「誰でも来てください」なんて

言わないよ~だ。

 

 

 

 

 

 

帰ってきた炎上マン

どうも高橋かずひろです。
ガチンコ起業塾WillfuのOB会に行きました。
http://willfu.jp/

僕が通ってた時は怒られた記憶ばっかり(主に大学実情記。私が原因のケースが多かった。)で起業塾卒業後は起業家の生き方に疑問を感じてニート的生き方に進んでいる。それでもニートの生き方と起業家の生き方に共通点も多い。
例えば、ウィルフ塾長黒石健太郎の著書「渋谷で教える起業先生」とカリスマニートphaの著書「ニートの歩き方」の二つをとっても

小さく立ち上げてできる事からビジネスをやる。
(古本をブックオフ仕入れてアマゾンで売るとか、具体的な部分も共通している部分がある。)

いざとなったら生活保護

こんな風に具体的なアクションは結構共通している。人生観は180度違うけど

そういうわけでNEET株式会社取締役を堂々と名乗ってウィルフOB会にも出席する。
※取締役は嘘ではない。

willfu.jpg

名札の時点でNEET株式会社は認められていた。
渋い顔をされそうなイメージで行ってみたが意外と塾長の黒石さんも、私を直接指導したメンターの人もやさしくなっていた。起業塾の他のOBにNEET株式会社の話をしても自然体で受け止められた。何が起こったのだろう。非常に気になる。まさか他の二―株メンバーが起業家界隈に乗り込んでPRをやりまくったとこ思えないし...

肝心のウィルフのOB生のプレゼンは利益額トップの人のプレゼンに公表禁止令が出たりするハプニングがあるものの、石川でスマート養蚕に取り組んでいるメンバーや仮想通貨のメディアに弟子入りしたメンバー、歯医者向けの経営支援サービスを展開するメンバーなどみんな頑張っている。

それにしてもなんでこんなにウィルフはニートに寛容になったのか
試しに「ウィルフ ニート」でググってみた。
そして一番上に出てきたのがこの記事。
http://willfu.jp/gakuseikigyou/neet_kigyou_seikou/

http://willfu.jp/gakuseikigyou/kigyou_neet/

確かにニートの方が社会常識にとらわれない強みがあるというのも納得できる。ただ、NEET株式会社にいて思うのはニートには「社会の常識」はあんまり無いが「ニートの常識」には縛られている。例えば「ニートの集まりに行ったら貧乏人の演技をしなければならない」とか「同人誌などで絵を描いたり文章を書くときにはステレオタイプなニートを演じなければならない」といった暗黙のルールが存在する。商品を作る時もレンタルニートを中心としたニートニート的特徴を生かしたサービスの開発には熱心だが非ニート的だとあんまり乗ってくれない。

どんな人間でも他人とつながると常識ができるし、誰ともつながらないと起業しても大きくなれない。

ニートは起業に向いているか?

この問いの答えは二―株の運命が握っています。

「常識にとらわれないニートは起業に向いている」が常識となるように

炎上マンはこれからも起業家とニートのハーフとしてウィルフと二―株を盛り上げます。

この記事を読んで喜んだ方、怒った方へ
炎上マンはコメント大歓迎です。しっかり対応します。

中退者が考える大学との距離の取り方

どうも高橋かずひろです。
いま叫ばれている大学不要論と必要論のバトルの愚かさを解説していきたいです。
なんでこの論戦がとんちんかんになってるかというと「ずばり」普通の学生の意見が載らないからです。
普通の学生の意見(高橋かずひろは四年生大学にいた時期は一年の前期しかありませんがその後で多くの幅広い学生と交流しました。あまり使いたい言葉ではないですが偏差値も高いとこから低いとこまでいっぱい見てきました)を代弁すると
「正直、なんとなく大学行ってるけど行かないとその後の人生不安すぎるんで行ってます。」
これが大多数である。

多くの大学に関する意見はメディアを問わず、著しく成功した人や大失敗した人など「異常値の人々」ばかり扱っている。肝心なのは「普通の学生が、今、何をすればいいのか」で武勇伝やドキュメンタリーを鑑賞するのははそれこそ趣味の世界である。

じゃあ「普通の学生が、今、何をすればいいのか」を大学中退者として
何をアドバイスするかというと「人を見る目を養え」この一言に尽きる。
 詐欺にあわないようにとかそういった目的だけじゃなくて

自分で何でもできる人にしても、そうでない人にしても「誰と組むか」で人生は大きく変わる。

「誰と組むか」において、やっぱり大学は必要だ。
400万の学費を払う価値のある大学はあんまりない。
正直に意見を言えばお金だけ考えて東京圏だとMARCH以上で元が取れるか取れないか
それより下は放送大学に負ける

それにいい大学はいい人が集まってるけど進学塾代とか受験勉強も含めるとリスクはでかいし田舎の国公立は情報から置いてきぼりになる。私のいた会津大学なんか「原発はまだ必要」と堂々と教えられたし(高橋かずひろは原発には反対です。)、よその田舎の大学生で「こいつおもしろいな」と思う人もfacebookで堂々と「原発はまだ必要」と始まったりする。
 ただ一つ役に立ったのは大学のお荷物のろくに単位とってない人の集まるサークルで、ここにいて「起業を机の上で考えるのもいいけど、露天やるのも楽しいかな」なんて思った記憶が後々になって起業塾ウィルフに入ろうとするときに「そうだ俺はできる人間だ。ここの塾で前に進むんだ」と入塾するキッカケになった。
 辛い事ばっかりだったんで半年もしないうちに大学は辞めて野良の社会人になった。その時に地元の町おこしみたいなとこに行ったけど会う人会う人、仕事辞めてリタイアした気の抜けた老人ばかりで「これが未来の自分か?」と思うと恐ろしくなった。
 それから放送大学に入り直し「大学生」として動き始める。
その後はやる気のない学生とスタツアに行ったり、海外インターンで痛い目にあったりさんざんな目に遭いながら、前述の起業塾の広告を見つける。

起業塾でもさんざん絞られて前に進むどころかやったことは全部から回り。それでも先輩に紹介してもらったサークルが自分に合っていてここで友人が多くできた。この頃から大学生扱いされるのがだんだんいやになってきて、でも野良の社会人だといけ好かない人ばっかり寄ってくるから放送大学の学生も名乗っていたけどNEET株式会社の方が面白くなって今の自分になった。
 
 こんな生き方できるわけねーだろ!

と思った方にこそ読んでほしいんです。

そういう人こそ「誰についていくか」が大事です。
やっぱり「人を見る目」が大事なんです。
人を見る目を養うにはやっぱり
出会う人の「種類」を多くするのが大事だと。

残念ながら大学に行かないで野良の社会人でいると悪い意味でへんな人しか周りに寄ってこないし
かといって大学に入ればいいかというとそれも微妙で平成末期の若者の周りは複雑怪奇な様相を呈しています。メディアの方々には分かりやすい真実だけ強調して伝えるよりも、この複雑さを世間にアピールしていただきたいものです。

追記 この記事を見て怒った皆様へ

炎上男の記事は基本的に批判大歓迎です。書きたい人はじゃんじゃんコメント書いていってください。しっかりと対応します。

steemitはじめました。NEET株式会社 NEET Co.,Ltd

どうも炎上男です。
steemitをやってみることにしました。
なんとこのsteemit
面白い記事を書くだけでお金になるらしいんで
ニート的にいいサービスになるんじゃないかなあ
という浅はかな考えのもとはじめました。

肝心のNEET株式会社は結構うまくやってます。

高橋かずひろは炎上男のキャラクターが結構定着してきました。
ほかのメンバーもYoutubeはじめたり、https://www.youtube.com/channel/UCsiKVFpWy0o8qW3_gJLNLiw
ニートコインのPR活動があったり、https://neetcoin.jp/plan/
占いをしてくれる人もいます。https://blog.neet.co.jp/2018/01/%E3%83%8F%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A8%E7%94%B3%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82/
ニートはそもそも( Not in Education, Employment or Training)の略で
「not」で定義された集団です。
サラリーマンとか役人とか大まかな分類に当てはまらないその他の残り人を
適当にニートという枠にぶち込んだようなイメージです。
テレビや新聞で扱う二―ト問題とかはどうしてもかわいそうな人ばかり扱ってて
そのせいで引きこもりとイメージがごっちゃになる弊害が起きたりして
(あくまで一例ですが高橋かずひろはニートを堂々と名乗ったときの方が交友関係が広くなりました)
そのせいで二―株はスタジオを持っている人や大手の起業家育成イベントの中心人物や脱貧困ブログhttp://kentaroupeace.hatenablog.com/のライターさんとか個性豊かな人材を獲得しました。(それだけ日本の労働社会がいい人をどぶに捨てている裏返しでもあります。)

高橋かずひろはこれからどうするかは一次的にネットを離れて(SNSの更新はします。)
これから生中心、イベント中心でニートキャラを売り込んでいきたいです。
ネットの世界だけだと便所の落書きになってて正直うんざりしていて
でも外に出て実際に何かやると想像もつかない進化をするときもあるんで
リアル第一、ネット第二で炎上男をやっていきます。