高橋かずひろ 政治家志望 

高橋かずひろの公式ブログです。

終末の果て

僕が書くまでもないが「時代の終末」だ。少なくとも日本は終末になっている。 戦後は終末になる。 一年前にも分かっている範囲で新型コロナ(新コロと略)に関連する記事を書いた。 kazushock.hatenadiary.jp 一年間経過して改めて考えると、 「いつまでこん…

コロナうつ

コロナうつになった。 正確には10代から軽いうつ病だった。だんだんとマシにはなってきているけど、基本的に元気な時以外はうつっぽい。 自分のことを受け止めてくれる人は家族も含めてこの世にいない。自分で気づいていないだけかもしれないけど。気づいて…

高橋かずひろ 生存報告 2020年まとめ

年末になったので今年のまとめ記事を書く。嵐のような一年が終わり、来年も嵐は続くでしょう。(まだコロナのインフォデミックは終わってないけど) 一番進化したのは谷中研究所、もはや定番化してます。 blog.goo.ne.jp 今年は2月にマニアフェスタvol.3に出…

インターネットのつながる中世

年配の人にとって「家に初めてテレビが来た日」は大革命だったそうだ。 もっと年上の人にとっては電気が通った日が大革命だったらしい。 昭和を生きた日本人なら誰でも「人生がガラッと変わる大発明」に一生に一度は遭遇しているんじゃないかなあと思う。 こ…

私が生きづらい原因 承認欲求

若者同士でシェアハウスとかに集まるとたまに生きづらいトークになる。 イベントバーでやっていそうな「生きづらい人の会」みたいな集まりでなくてもどんな人でも生きづらさの一つや二つは抱えている。 生きづらさの原因は人それぞれだ、わけもなく自信がな…

【緊急告知】18時間生放送で谷中マニアと謎フードマニアのダブルヘッダーやります。

9月26日と27日 マニアフェスタオンラインで生放送やります。 基本、一人一マニアで出展するんですが、僕の場合はちょい特別で「谷中のディープスポットマニア」と「謎フードマニア」のダブルヘッダーで出展します。 「謎フードマニア」 謎フード公安委員会の…

2020年度9月版 谷中研究所で最近やってること

谷中研究所って何やってるの?ってよく聞かれるので僕のブログでもまとめときます。 ※谷中研究所メンバー高橋かずひろ個人の見解に基づく文章です。公式情報とは少しズレている場合もあります。 ※まあこんなこと書いているうちに状況が変化する可能性が大で…

自民党の手先 #未来の総理とU25 パート1

安倍総理がついに辞任した。原因は大病という事になっている。私は医者ではないので詳しいことは分からないが本当に大病なら国会議員も辞める必要がある気がする。 次期首相を決めるために総裁選が始まった。 菅義偉と岸田文雄と石破茂が立候補した。 若者政…

若者むけの政治解説団体に騙されるな!!

若者と政治を結び付ける活動をしている団体がひどすぎる。 1、解説のスキルが異様に低い こうした団体はブログやSNSで政治解説記事を書いている場合が多いのですが、解説のスキルがひどすぎて悲しくなります。 まず、問題の本質を語ろうとしません。分かり…

書評「ビジネスモデル症候群」ビジコンが増えても起業家が増えないわけ

ビジネスモデルコンテストっていろいろ開かれてるけど果たして起業家って増えてるの? だれでも一度は、考えたことがあるのではないだろうか? 「ビジネスモデル症候群」という本がこの疑問に答えを出してくれた。 肝心の結論は「ビジコンをやっても起業家の…

本作りは好きだけど同人作家に飽きた。

最近、このブログだと政治の事ばかり書いていて、全体的に固くなってきたなと思う今日この頃。 人から自己紹介を頼まれると同人作家を名乗るようになってます。 bookwalker.jp もともとはマニアフェスタをきっかけに同人誌を書くようになったし、自作本を書…

NO YOUTH NO JAPANを見てはいけない。

動画派の皆さんはこちらをどうぞ www.youtube.com 皆さんに警告したいことがある。 NO YOUTH NO JAPANを見てはいけない。 モノ好きの読者はこちらからどうぞ noyouthnojapan.org 理由を大きく二つに分けると 「政治的中立」にとらわれ過ぎて大事な問題はノー…

最近読んでる本「日本が売られる」

今更ながら「日本が売られる」を読んだ。 水道水が飲める。 豊かな自然がある。 労働者の権利が守られている。 といった日本人にとっては当たり前の「水と自然と安全はあって当然」の豊かさが、外資に売り渡されている。 命にかかわるインフラである水道の民…

政治のニュースで怒るパターンを分類してみた

政治のニュースで怒るパターンを分類してみた どうも高橋かずひろです。 政治のニュースを見て怒ることって誰でも一度はあると思います。 今回、怒りだすパターンを分類してみました。 1、主張そのものが嫌い 2、行動が嫌い 3、人畜無害だけど結論がない …

シェアハウスの人々は今頃どうしているだろう?

ブログリレー始めました。3番目の書き手です。 d-t-v.com 詳しくは 「#新型コロナ時代のシェアハウス」が共通ハッシュタグになってますんでTwitterで検索していただければ最新情報が分かるかもです。 コロナとシェアハウスをテーマに記事を書くんですが、…

ホリエモンの都知事選の公約、丁寧に分析してみた

2020年の7月の都知事選にホリエモンが出るらしいと話題になっている。 初めに言っておくが私はホリエモンが嫌いだ。 グローバリストと原発賛成論者と自己責任論の三つがそろった典型的な「政治家にしてはいけないタイプ」の人で、意識の高そうな本を書…

ちょい悪ウイルスを世紀の大事件にした愚かさ

コロナの騒ぎぶりがひどい。 まだコロナがどんなウイルスかが分かんなかった2月ごろにわけもなく怖がってしまう気持ちは分からないでもないが、コロナがだいたいどんなウイルスかが分かった4月や5月にテレビも政治家もユーチューバーも私の友達も「とにか…

コロナパニックに飽きた

2020年の3月30日、テレビもネットもコロナウイルスの話題でお腹いっぱいだ。 考えてみれば一月あたりからずっと騒ぎっぱなし。よくここまで騒げるもんだ。 政府の対応は虚構新聞と間違えるぐらい愚行のオンパレード。 豪華客船の中で病人を培養 実際に重症化…

生存報告2019

2019年も残り十時間を切ってきたので、ここらで生存報告を書いておきます。 一番本腰入れたのが谷中研究所。 観光ガイドと寺小屋が合体したような組織です。 来年は東京オリンピックに向けて楽しく学べる企画をどんどん作るので皆さん期待してください。今の…

高橋かずひろの最近やってること 2019年10月版

やってることが地味に増えてきた。 まずはるうでんす。 note.mu あたらしい遊びを作るコミュニティの立ち上げをやっている。トモシビのサイトからも時々申し込みがきてうれしい。遊びのアイデアを「これがいいんじゃないか」「あれが楽しそうだ」と言い合え…

マニアフェスタ 2019 表現の坩堝 

この千代田アーツという都会の真ん中の学校にマニアが集まるお祭りがあるらしい 会場の体育館に一歩足を踏み入れると、、 うわあ、マニアがいっぱい。 正真正銘、マニアフェスタです。 今回、行くきっかけを作ってくれたゴミ箱マニアの有村さん ゴミ箱の写真…

政治的中立という名の思考停止

みんなもっと言いたいことを言おうじゃないか

テレビの評論番組は思考停止 ネット選挙は社会の縮図 2019年参議院選挙

2019年の参議院選挙は史上最低の投票率で盛り上がりに欠けた。 それもそのはず、テレビ(特に民放)で「投票しよう」「政治に関心を持とう」と言わないからだ。いつものことながら新聞やネットでは「選挙を盛り上げよう」「若いもんは投票に行け」と盛ん…

2019 50年ぶりに復活した盆踊り 不忍夢祭り 

準備の時の記事はこちら kazushock.hatenadiary.jp 50年ぶりに復活した上野不忍池の盆踊りが終わった。 最高に盛り上がった。来てくれたみなさんありがとうございました。 実を言うと5月ごろにお祭りの計画を知って参加したけど、盆踊りも出し物も屋台も…

Z級超マニアックサブカル知識、こじらせ強化合宿

Z級超マニアックサブカル知識、こじらせ強化合宿

うえの夏まつり  不忍池で盆踊りを企画する

8月は9日から11日までの三日間、不忍池で盆踊りをやる。一般参加者ではなく企画サイドにまわる。5月ごろから谷中研究所のつながりで日本文化発信サークル「和ノ会」に入っている。 https://www.facebook.com/events/326475681593956/ この団体、若者が中心に…

2019年 参議院前に選挙を語る

今年の7月に参議院選挙がある。4月には統一地方選があった。 まず、4月の選挙について 特筆すべきは「NHKから国民を守る党」に見る浮動票狙い作戦。 現在行われている多くの世論調査では浮動票が過半数を超えている。 つまり、浮動票を全部味方につければ…

マスコミが創りあげる引きこもり界隈の虚像について

この記事を書いている2019年6月、引きこもりの人が通り魔事件を起こして社会問題になった。初めに言っておくがこの事件の犯人を弁護・肯定するつもりはないし犠牲者はかわいそうだと思う。 ただ、この事件を見た人々のリアクションがちょっと常識を逸してい…

仲間集めに応募しまくる生活を続けた結果見えてきたもの

どうも~最近、社会実験家を名乗っている高橋かずひろです。 今回は日本で一番熱い仲間集めサービスを決めるためにひたすら仲間集めに応募しまくった結果どうなったかを語っていきたいと思います。 kazushock.hatenadiary.jp 使った仲間集めサービス一覧 1 …

高橋かずひろが全部応募して決める。日本で一番熱い仲間集めサービス Nー1グランプリ

仲間ってすごく大事だ。一人で何かやるには限界があるし、何より活動が自分の枠から大きくなれない。 そして高橋かずひろは仲間集めのコミュニケーションが不器用だった。起業塾時代は余った人同士でチームを組まされて散々な目に遭ったし、学生団体の勉強合…